プロフィール

コロたす

Author:コロたす
2009年9月
重度の慢性腎不全と診断されたコロ、1年と2ヶ月の闘病&介護生活でしたが、2010年11月5日22時 虹の橋へとお引っ越ししました。

ハイシニアの4匹のにゃんず
ジジ、みゃあ、ルナ、みんみん
みんな虹の橋へと引っ越していきました。
今はみんなで再び一緒に
光の世界で過ごしてることでしょう。


新たな仲間のマサムネは
我が家に来てもう3年が経ちました。
元気いっぱい
だけど課題は体重管理と歯の管理
体重多すぎて、ぎっくり腰に…
今はダイエット!!一筋です?



コロ  1993年3月11日生 ♂
     2010年11月5日虹の橋へ

みゃぁ 1993年3月11日生 ♂
     2013年2月9日虹の橋へ

ジジ  1994年3月4日生 ♀
     2010年1月14日虹の橋へ

ルナ  1994年3月4日生 ♀
     2013年11月21日虹の橋へ

ミンミン 1995年1月14日生 ♀
     2014年5月29日虹の橋へ

マサムネ 2009年3月11日生 ♂
        4歳

コロたす 19◎3年8月9日生
       


♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪



マサムネの誕生日
我が家に来た日と思いましたが
手続きの関係上
3月11日に…これもきっと
何かの縁!ですね


♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪

最新記事

最新コメント

はいけい、にんげんの皆さま。

いつでも里親募集中

いつでも里親募集中

カテゴリ

fb-photo

いつもありがとうございます

お出かけ前にポチッとお願いします

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日で2ヶ月

早いもので… もう2ヶ月
みゃあちゃん、今朝、姿を見かけました。。。

遊びに来たのかもね?
マサムネは気づいたかな??

さて、今日はパステル和アート講座でした。
受講いただいた方に描いていただいた絵の写真を撮ろうとしたら~~


1304091.jpg
あの~

1304092.jpg
大事な誰かを忘れちゃいませんか???


マサムネ、近寄ってきました。

1304093.jpg
え~~と 立ち位置はと…

1304094.jpg
この辺りでイイですかね??


撮影が終わると…

1304095.jpg
は~~

1304096.jpg
イイ感じに撮れたかな?

1304098.jpg
おや?? また何か持ったぞ~


13040910.jpg
ん?? そこに置くの??

1304099.jpg
それじゃ、オレが写らないんじゃ??

13040911.jpg
ちょっと顔上げて主張してみる

13040912.jpg
けど… まいっか。。。


今日は双葉ちゃんと幸せクローバーを描いてもらいました。


1304098.jpg
あれ???お母さんが描いたボクの絵は???



あ、また次回にでも~~


コメント

マサムネ君 モデルさんですね~
カメラの先には 僕が!ですよね?(笑)

ところで ほぼ1年ぶりかな?
今月下旬にデヴィはサロンへ行きます。
あまり伸びない毛ですが 暑くなる前にマルガリータです。
マサムネ君も そろそろ でしょうか?(笑)

あ、マサムネ君の絵 お待ちしてます~!

BOSS母さん

ありがとうございます。

マサムネ、カメラ慣れしてる?
コロがカメラ嫌がって横向いたことを、今、思い出しました。。。

デヴィちゃん、マルガリータですか?
マサムネももう少ししたら…来月くらいに?
マルガリータですよ。

それまでに、少し痩せないと・・・(汗)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

お返事遅くなりました。

歳をとっていくのは自然のことで
それに伴って、変化していくのも自然の道で
今まで出来ていたことが出来なくなっていく…
これは、私たちも同じです。

そんな我が子達を見ていると
いつの日か、この、同じ世界から旅立ってしまうという
目に見えて、触れられる存在から変化してしまう
そんな時を思い、切なくなるお気持ちもわかります。
私も、その気持ちは抱きました。

でも、彼らは毎日をあたりまえに
そして、淡々と、自然に
しかも、精一杯 その瞬間を過ごしています。

私は、色々な事が出来なくなって
身体もどんどん変化して
そして、体調も変化して
目が見えない、音が聞こえない、食べものもうまく飲み込めない

でも、それも、彼らにとって一種の成長だと思いました。
また、私たちもいつの日かは同じ道を歩みます

彼らが今まで出来ていて
そして、歳とともに出来なくなったこと。

彼らが受け入れる範囲で(無理強いしないで)
手助けさせてもらう。

例えば、上手く歩けないけど、歩きたいのであれば
出来る範囲で手伝わせてもらう。

硬いものが食べにくければ
やわらかくする。

自力で食べられないけど、助けてあげれば食べるのであれば
手助けして…

食べたくなければ…
「そっか、いらないんだね」
「食べたいときは、助けてあげるね」
「私のために無理しなくてイイよ」
「いらない選択は、あなたが決めたタイミングだね」

そんな気持で接しました。

もちろん、葛藤もあります。
寂しさもあります。

しかし、自分のエゴにならないよう
どこまでがエゴで、どこまでが手助けで…
思う日々もありましたが。

また、彼らは、私たちのそんな思いも受け入れてくれます。

鍵コメさん
彼らも、私たちも、いつの日か
次のステージに進む日はやってきます。
ご自分が、同じ立場になったとき
どんな気持で接してくれたら嬉しいか。
そして、自分だったらどうしてほしいか?

そんな視点で接してみることもいいかなと思います。
そして、彼らは、飼い主である私たちを
全て受け入れてくれます。

出来なくなる事って、とても不安ですよね。
そんな時、
「大丈夫だよ!」
「いいよ、手伝ってあげるよ」
安心な表情で言ってもらえたら…
私だったら嬉しいですし、安心できます。

どうか、自信を持って接してあげて下さいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。