プロフィール

コロたす

Author:コロたす
2009年9月
重度の慢性腎不全と診断されたコロ、1年と2ヶ月の闘病&介護生活でしたが、2010年11月5日22時 虹の橋へとお引っ越ししました。

ハイシニアの4匹のにゃんず
ジジ、みゃあ、ルナ、みんみん
みんな虹の橋へと引っ越していきました。
今はみんなで再び一緒に
光の世界で過ごしてることでしょう。


新たな仲間のマサムネは
我が家に来てもう3年が経ちました。
元気いっぱい
だけど課題は体重管理と歯の管理
体重多すぎて、ぎっくり腰に…
今はダイエット!!一筋です?



コロ  1993年3月11日生 ♂
     2010年11月5日虹の橋へ

みゃぁ 1993年3月11日生 ♂
     2013年2月9日虹の橋へ

ジジ  1994年3月4日生 ♀
     2010年1月14日虹の橋へ

ルナ  1994年3月4日生 ♀
     2013年11月21日虹の橋へ

ミンミン 1995年1月14日生 ♀
     2014年5月29日虹の橋へ

マサムネ 2009年3月11日生 ♂
        4歳

コロたす 19◎3年8月9日生
       


♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪



マサムネの誕生日
我が家に来た日と思いましたが
手続きの関係上
3月11日に…これもきっと
何かの縁!ですね


♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪

最新記事

最新コメント

はいけい、にんげんの皆さま。

いつでも里親募集中

いつでも里親募集中

カテゴリ

fb-photo

いつもありがとうございます

お出かけ前にポチッとお願いします

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『サッカーの大会の為に虐殺される犬猫 ウクライナ』 転載です

私、以前からフェイスブックをやってるんですが
その中のコミュニティページ「Nippon SPCA」にこんな投稿がありました。

『サッカーの大会の為に虐殺される犬猫 ウクライナ』

ヨーロッパ最大のサッカー大会
ヨーロッパチャンピオンシップが今年開かれます。
予選の様子が、テレビでも放映されていますよね。
私もテレビ放映で観戦していますが、その裏側でこんな事が起こっているとは…


~~~以下転載~~~


2012年 ヨーロピアンチャンピオンシップ
4年に一度開かれる、ヨーロッパ最大サッカーの大会
もうすぐ、ポーランドとウクライナにて開催される

ウクライナ (東ヨーロッパ) …
この大会開催の為に、今、多くの野良犬、野良猫が虐殺されている

この国を訪れる旅行者の目に、野良犬猫の姿を触れさせない為だ
犬猫は、人々の手により、毒殺、銃殺、生きたまま焼かれている

国のテレビ番組では、焼却炉を使用することを勧めてさえいる

野良犬猫の問題は、その国や都市が、正しいモラル的な方法で解決すべきもの
それを怠っている為、また、政府がお金を出さない為の、悲しい結果である

PETA では、合衆国のウクライナ大使館へ抗議文と共に署名を送ることができる

こちらのページから(←ブログ主さんの記事から入って下さいね)


ページの下の左側部分は、抗議文が英語で書かれています
その右側の *赤丸 は必須項目です

* First Name (名前 = yakko)

* Last Name  (苗字 = Tanaka)

* Your E-Mail  (メールアドレス)

 Street Address (住所 = 123-4 Yakko cho)

 City (市町村名 = Hida City)

 State/Province (一番下の  None をクリック)
 
 Zip/Postal Code (郵便番号)

 Country (国名)


最後に、一番下、右の  sign the petition! をクリックして下さい

これで完了です

ご協力を、ありがとうございます

(英語文を、私なりに訳させて頂きました)

 たとえそれが …

 その国の経済を盛り上げる働きをしようが …
  
 その国の、都市の、人々の明るい未来に繋がろうが …

 どんな理由であれ、人々の手によって …

 動物が犠牲になることは、あってはならない


~~~転載ココまで~~~



どうしてこんな事が出来るのでしょうか??



虐殺されている犬や猫たちは
ある意味、自然に暮らしている動物たち

人間が改心するべき

人間が処罰されるべきなのでは?


動物たちには何の罪もないのに…



人間がいなければ、地球はきっと、もっと平和なんだろうなと思います。

生き物同士は、もちろん
地球の環境も、こんなに壊れなかった。


『ワンプのほし』って絵本をしっていますか?
やっと文字が読める頃、本屋さんで見つけて、買ってもらいました。

この星にやってきた宇宙人は、人間そのものだろうなと
幼い私は思ったこと、思い出します。

今、他の星まで出かけて、そこに住めるのは夢のようなことのように
ニュースなどでコメントされています。

ワンプのほしの宇宙人も、さんざん破壊した跡に他の星へ移住しました。
ガレキの下から緑が芽吹き、星は平和に向かって行くのですが…

今、まさに、地球と人間そのものではないかと
そう感じます。

コメント

スポーツで盛り上がっている裏で、このような悲劇が行われていたとは知りませんでした。
いかなる理由であれ、命を粗末に扱うことは許されません。
また、野良が増える理由もその国の行政にあるにも拘らず、
その対策をせず、こうやって命を奪うことが行われていることに腹が立ちますね。
考える力、愛する気持ちを持っているはずの人間、平和的な解決方法を見つけて欲しいものです。

日本でも、何かの国際大会が行われる時に
ホームレスの人がねぐらを追われるとか
報道されたことがありますが
人間はさすがに殺されません。

地球上には、まだまだこんな野蛮な行いが
探せばいくらでもあるのかもしれないと
想像すると暗澹たる気持ちになります。

でも、落ち込んでいても仕方がありません。
まずは自分にできることをします。

コロたすさん、知らせてくださって
ありがとうございました。

そんな事が行われているのですね・・・(>_<)
人間って愚かな生き物ですね。。。

『ワンプのほし』初めて聞きました!!
さっそく探してみます(^^ゞ

さっき 何故か送信出来ず、、、
再度チャレンジです。

昨日 署名して送信しました。
ちゃんと返信が届いて 驚きました。

ヒトって どうしちゃったの???
サッカーなら 他でも出来るのに、、、。

酷い(>_<)
そんな事が行われてるんですか…
人って怖い生き物ですね…
同じ人として悲しくなります(>_<)
そして、軽蔑してしまいます。
その野良犬や猫を野良にしたのは誰?
その子達はどうして野良という道を選ばなければいけなかったの?
私もブログに転載してもいいですか?

ツバサの兄貴さん

ありがとうございます。

私も知りませんでした、そして驚きました。
とても悲しく思います。
本当の心を思い出してほしいですね。

ありがとうございます。

本当に、このような事が起きているのか?と
信じられないくらい、驚きました。

「自分の事」だけを考えずに
「もしも自分が相手の立場だったら」を、もっと考えて

そして、この現実からも目を反らさずに
彼らにも気づきが生まれますようにと、願っています。

キティママさん

ありがとうございます。

ずっとずっと昔から
人間は非ナチュラルな、地球という自然の生命体にそぐわない
そんなことを繰り返していますね。

自分さえよければ
そして、必要以上に欲する。

みんなが気づけば、世の中はどんどん良くなっていくと思います。

BOSS母さん

ありがとうございます。

そう、返信が来ました、私もビックリでした。

人間たち
ほんと、心はどうなってしまったのでしょうか?

動物たちは、ただただ自然に
あたりまえの生活をしていただけなのに…


ラッキーママさん

ありがとうございます。

本当に、悲しいですね。
動物たちはあたりまえの暮らしをしていただけなのに…

どうぞどうぞ、転載して下さいね。

おそいかな。。

FBでわたしもしりました。何処の国でもそうですね。。中国でもそうだったでしょ? 日本だって。。汚いところを見られたくないというりゆうで。。

私も転載させてね。

Gumi Bearさん

転載ありがとうございます。

汚いって、そうしたのは人間なのにね
ワンコがいるから汚いのではないのに

そういう環境にしたのは人間なのに
そして人間は…
一見きれいそうに整えているつもりかもしれないけど
地球を破壊しています
全然きれいじゃない

動物が、自然にマッチングして暮らすとき
それがきっと、イチバン地球に優しいと思う

でも~
今のわたしは、やはり原始生活は出来ないな
だけど、出来るだけナチュラルに暮らしたいと思います

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。