プロフィール

コロたす

Author:コロたす
2009年9月
重度の慢性腎不全と診断されたコロ、1年と2ヶ月の闘病&介護生活でしたが、2010年11月5日22時 虹の橋へとお引っ越ししました。

ハイシニアの4匹のにゃんず
ジジ、みゃあ、ルナ、みんみん
みんな虹の橋へと引っ越していきました。
今はみんなで再び一緒に
光の世界で過ごしてることでしょう。


新たな仲間のマサムネは
我が家に来てもう3年が経ちました。
元気いっぱい
だけど課題は体重管理と歯の管理
体重多すぎて、ぎっくり腰に…
今はダイエット!!一筋です?



コロ  1993年3月11日生 ♂
     2010年11月5日虹の橋へ

みゃぁ 1993年3月11日生 ♂
     2013年2月9日虹の橋へ

ジジ  1994年3月4日生 ♀
     2010年1月14日虹の橋へ

ルナ  1994年3月4日生 ♀
     2013年11月21日虹の橋へ

ミンミン 1995年1月14日生 ♀
     2014年5月29日虹の橋へ

マサムネ 2009年3月11日生 ♂
        4歳

コロたす 19◎3年8月9日生
       


♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪



マサムネの誕生日
我が家に来た日と思いましたが
手続きの関係上
3月11日に…これもきっと
何かの縁!ですね


♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪

最新記事

最新コメント

はいけい、にんげんの皆さま。

いつでも里親募集中

いつでも里親募集中

カテゴリ

fb-photo

いつもありがとうございます

お出かけ前にポチッとお願いします

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好き嫌い始まりました(笑)

先週くらいから~
好き嫌い復活開始です

今、記事を書き出したんですが・・・
パソコンの時計が 18:18を示しています(笑)

「いやいや~」ですか??君までも??

さて、腎臓サポート&ドライmixが嫌になったみたいで
k/dだけも、嫌みたいで
k/d&ドライmixにして、ドライはアニモンダを使い
しばらく食べてたんですが

だんだん、食べるときに下で押し出しつつ
イヤイヤ食べてる感じになって

ヨーグルトは食べるポジションを自ら整えるのに
フードになると。。。大暴れに

なんとなく、やる気なさそうにするときもあって

調子悪くて食欲がないのでは??と
試しに食パンを水に浸して鼻元へ

うわっ

手を食べられるかと思ったぁ~


一気にガツガツ
お皿に自分で顔を突っ込み
当てていたタオルに食いつき

お腹すいてたんですね~ ホントは

ともあれ、食欲はあるので安心


夕方、お店に行ったときはフードを120gくらい食べますが(イヤそうに)
後は断固拒否なので

パンをあげています
だいたい、1日に食パン1枚分

ブラウンシリアルズは食べてくれないし~

しばらく食パン生活にすれば、そのうちまたフードをたべてくれるかな?と
まぁ、仕方ないや。。。


さて、久々にお写真です

寝起きで ぼぉ~~としてる顔が可愛くて

ほわわ~

右を下に寝ていて、起きて左下になったばかりで
もさもさです、毛が


そして・・・

薄毛1

右肩部分を見てください

拡大すると

薄毛2


薄くなりすぎた・・・

実は、いつも左下で寝ているので、毛玉になってたんです
で、コームでとかしたら、毛玉がとれるので
いい感じ~と、ほぐしてあげて

ただ・・・深夜家に帰ったときで、照明を暗く設定してあったので
こんなに抜けてるようには見えず

朝、ビックリしたというわけです
ごめんよ~~ コロちゃん

完全に禿げってことじゃなく
アンダーコートの冬毛?部分が抜けちゃって
今までだったら、オーバーコートがフサフサで、特に問題ない程度だったのに

室内で温暖生活のせいか?
老犬で薄くなったのか??
いつも左下だからか??????

思った以上に少なくなっちゃった
でも、しっかり梳かして毛並みを整えれば、禿げにはなりませんが・・・


それから

左手

左手、起きたくて足をすごい勢いでバタバタさせるので
擦れて毛が切れちゃったみたいで
こんなに薄くなっちゃっています

爪が見えないくらい、長い毛がフサフサだったのに・・・

右手


右手の小指側も同じく、薄く・・・
右下で目覚めかかったときに、いつも、前足を歩くみたいに動かすんです

でも、たくさん動けるんだから、元気な証拠だと
そう思う事にします
毛布の上だから、皮膚までは痛めないだろうと、今のところは思っています

コメント

好き嫌いがあっても、好きなものは食べてくれるし
食欲がないわけじゃないのが何よりですね。
ただ・・・その都度、今回のヒットは何かを探るのが大変ですが。
バタバタで毛がすりへっても、とかしたところがうすくなっても
換毛はしているってことですから
これもまたコロちゃんの生命力の現れだと思います。

春に向かって、いい感じではないでしょうか。
ね、コロちゃん!

はじめまして

いつもこっそり拝見させていただいておりました。
突然の不躾なコメントをお許し下さい。
うちのミニダックス16歳半の雄犬が今日病院で末期の腎不全だと宣告されました。
CPK 1694, BUN 140以上, CRE 5.3, IP 12.3 という結果でした。
昨年11月中旬から食欲がなくなり、かかりつけの病院に通うもずっと原因がわからず、
今日まで退院サポートとポカリ水の強制給餌でしのいできたのですが、
2日前くらいからおしっこの出が悪くなり本日病院に行って腎不全と判明した次第です。
最初の頃の血液検査では数値にさほどの異常もなく、若干高めですが主治医も腎不全の兆候に気づかなかったようです。
主治医は延命治療での回復の可能性は見込めないという判断ですが、
コロちゃんの以前の血液の数値を見て、うちもかすかな希望の光を見たような気が致しました。
なにか有効な手段があれば教えて頂きたく思っております。
ちなみに皮下補液はうちのような、おしっこが出にくくなってる状態でも有効なのでしょうか?
初めての突然のコメントでこのような厚かましい質問になってしまい申し訳ございません。
どうぞ宜しくお願い致します。

emihanaさん

ありがとうございます
とりあえず、食慾低下ではなく、選り好みだったということで
安心しています

私たちだって、毎日同じ繰り返しじゃ、ましてや、味気ない病院の食事だったら
ふつーの物を食べたいって思うし

コロも同じくだろうなと
腎臓食より、食パンの方が、今はいいのかな?
身体に必要な物を選んで食べてきてるコロだから
ちょっと休憩してパンをあげようと思います

たくまゆさん

はじめまして
いつもありがとうございます&コメントありがとうございます

私も初めて検査結果を効いた時は絶望しました
同じく140以上でしたし

その病院での選択肢が、入院して血管点滴して様子を見る(数値が下がる保証もなく、入院のストレスで直後に弱ってしまう事も多々あると言われました)
もしくは、投薬も何もせず、自宅で今までどおり生活させる(このまま見送る)という、2つに1つでした

その後、別の病院へ行き、皮下点滴を選択肢として提案され(病院によって自宅点滴をさせてくれるところばかりではないようです)、私は、少しでも身体を楽にということで、皮下点滴を開始しました

ウチのコロの場合、オシッコは沢山出ている状態でした(多飲多尿)
吐き気も無く、でも、全く食欲は無く、ぐったりしていました

オシッコが出にくくなった状態での点滴が有効かどうかは?私は獣医さんではないのでわかりません、ごめんなさい

オシッコが出にくい原因によって、治療の選択肢はきっとあると思います

今かかっている病院で、納得いく治療方針を提案してもらえなかったら
他の病院へ、早急に行ってみたらと思います(ウチの場合はそれで救われました)

点滴での回復の見込みは、ウチも保証されませんでした
点滴をすれば必ず数値が下がるとは、ココまで来ていたらいえないと言われました

でも、とにかく、何か出来る事があればしてあげたい
そう思い自宅点滴を始めました

ワンちゃんも頑張ってると思います
イイ先生に巡り会えますように
そして、ワンちゃんの状態が、良くなりますように。。。

有難うございます。

ご親切でご丁寧な回答ありがとうございます。
今は心の中の選択肢が入り乱れている状態です。
そうですね。やはりセカンドオピニオンは受けている方が後々後悔はないような気がします。ただ腎臓が機能していないせいなのか?お腹をぴくぴくさせてとても苦しそうにしている姿を見ると、もう怖い目や痛い目に合わせたくないという気持ちも沸いてきたりして、複雑です。迷っている時間はないので、今晩一晩で結論を急ぎます。コロちゃんの情報大変参考になりました。もう一度去年9月頃を読み返させていただいたりしながら考えます。あとシュークリームのエピソードを読んで、2,3日前うちもモンテールのシュークリームのクリームを少しなめさせてみました。2,3口ペロペロしてそれ以上は口にできませんでしたが、ペロペロしてる顔は少し幸せそうな表情に見えました。今後も拝見させてくださいね。それとこの度はアドバイスいただき本当に有難うございました。良ければまたご報告させて下さい。今後とも宜しくお願いいたします。コロちゃんと猫ちゃんたちが一日でも永く穏やかな日々が続きますように。。。

たくまゆさん

どういたしまして
少しでもお役に立てれば嬉しいです

痛い目や怖い目に遭わせたくない・・・
お気持ち、すごくわかります
苦しそうな姿は見ていて辛いお気持ち、すごく分かります
私もジジの時もそうでした

付け加えさせていただくならば、コロの時もジジの時も
出来る限り、とにかく、一緒に居てあげよう
そう思いました
すこしでも安心してくれたらと
そう思いました

コロは10月と12月に発作を起こして
その時はもう・・と私の方が挫けていました
それとは裏腹に
コロはマイペースに、ひたむきに
その時を全力で「生きる」という姿を見せてくれました
私より、強いなって、そう思いました
たくまゆさんのワンちゃんもきっとそうだと思います

たくまゆさんにも、ワンちゃんにも、後悔のない良き道が開けますように
祈っています

また教えてくださいね
待っています

旅立ちました。

本日朝8時くらいに苦しそうな嗚咽とともに茶色い血の混じったような液体を大量に吐いてその直後に全身痙攣を起こしました。そのあとなんとか息を吹き返し、それまで苦しくて唸ってたりしたのと打って変わって、うんともすんとも言わなくなり目は瞬きもせずあけてるけど、息遣いは安らかに寝ているような感じだったので、その間に心いっぱいの愛情表現の言葉を耳元にささやき続けキスをいっぱいし、目と口を水に浸したガーゼで潤わせてからは落ち着いてる様子だったので、静かに様子を見ていたところ、10:35頃、急に寝たまま何故か首を後ろに反らせるしぐさをしてから、えずくようなしぐさをしたので、舌が詰まらないように抱きかかえましたが、二三度息を詰まらせるような嗚咽をもらしあとは眠るように旅立ってしまいました。聞こえてるかどうかわからないですが思いつく限りのその子が好きだった言葉を耳元にささやき続け、最期は私が行くときまで虹の橋で待ってて!と叫びました。
最愛の宝物を失い、涙が止まらず、胸の中に冷たいすきま風のようなものが吹き続けてそれがまるで永遠に私の心の中から立ち去らないような心持ちです。
コロたすさんもジジちゃんを亡くされた時同じような気持ちだったのですよね。。。
今から思えば腎不全の兆候だとも医師から知らされず、とにかく体重維持させることを優先して退院サポートにカロリーエースやニュートリカルを混ぜたものとポカリ水のノルマ分量を3ヶ月間もキャアキャアと叫ばせながら無理やり強制給餌していたことが胸に詰まります。
この度はコロたすさんのおかげで、旅立ちまでの間とても心強かったです。本当にありがとうございました。
あとうちにはその子と双子の女の子がおりますので、今まで手をかけられなかった分まで手をかけてやろうと思います。それと今後は今まで信頼していた病院を変わろうかとも思っています。またコロたすさんのブログは引き続き読ませて下さいね。時々コメントなんか入れさせて下さい!コロちゃんとニャンちゃんたちに陰ながらエールを送り続けます。

たくまゆさん

旅立ち直後の悲しみの中、ありがとうございます
読んで涙が溢れました

旅立つ時、たくまゆさんに抱かれて、とても安心できたと思いますよ。
腎不全だとしっていればと、たぶん、たくまゆさんは今、今まで自分がやってきた事に対して、いろいろな感情がわいていらっしゃると思います

お医者様から腎不全だと知らされなかったためにと、私も同じでした。
腎不全の徴候は前年の12月から出ていたのに、それを知らされず、夏場の不調も獣医さんが聞けば腎不全とたぶんわかる状態だったのに。。。知らされず。

足腰も弱ってきたので、少量でも高タンパクでと、食欲が落ちれば落ちるほど、ブログにも載せたような高タンパクの物をあげていました
腎不全発覚して転院した時からは、その逆の食生活に・・・

たくまゆさん、強制給餌したことに、とても胸を痛めていらっしゃるみたいで・・・私も同じ思いをしましたから、よくわかります
あの時、ああしてあげたら。。など、思い出しては自分が至らなかったと・・・何度も何度も思ったりしました

でも、ワンちゃんは、たくまゆさんの愛情を沢山もらって、嬉しかったと思いますから、どうぞ自分を責めないでくださいね。
何とか元気にと、可愛くて、大好きで、その思い一心でしたことなんですから。

ジジも旅立つ時は、同じように身体を反らせて伸びのような格好で小さな声で唸るようになきました。信じられないような時間が流れ、ぽかんと、穴が開いてしまったような、そんな時間が流れました。

私は、ジジが旅立つ経緯は、ジジからの愛とメッセージだと思ってます
残された子達が、今後、何かあった時は、私の時を思い出して、適切な処置をしてあげてと
そんなメッセージを残してくれたと思っています

たくまゆさん、双子の女の子がいらっしゃるんですね。旅立ったワンちゃんの分も、大事にしてあげてくださいね。同じ年と言うことは、高齢ですね。
腎臓は、高齢になると避けられない病気だと、サイトに寄れば、高齢のため老衰で=腎不全ともいえるくらい とも書かれていたところもありました

今の病院以外でも、一度、尿検査と血液検査をしてあげたらと思います。
数値を聞いて帰ってくれば、自分でもネットで調べて、ある程度のことまでは予測がつけられると思います。

セカンドオピニオン、とても大事だと、コロの時に痛感しました
いつもお世話になっている先生、ありがたいのですが
でも、不安だったら、他に行く事が大切だと

どうぞ、ご自分を責めないで。。。
女の子のワンちゃん、かわいがってあげてくださいね

これからもブログに遊びに来てくださいね

今日お骨になります。。。

昨日のコロたすさんのご返答が今一番の心の薬になっています。
今日は神戸西部地方は雨模様なのですが、お昼からお骨になって帰ってくる予定です。
ジジちゃんが、水の容器の前でにらめっこしていた記事を再読して、体調を崩しはじめた時うちのモックも同じ事をしていたと。。。高さが合わないのか、温度が気に入らないのか、お茶にしてみようか、ジュースにしてみようか、あれやこれややりましたが全部ダメで結局強制的にドレッシング容器で。。。その説明を病院で何度もしたのに血液の数値にも兆候は出ていたのに、ベテラン域の獣医が分からなかった。。。
コロたすさんのおっしゃるように、残された子に対する愛のメッセージだと。
自分自身が考え調べ疑いを持つ。という事。本当に痛感いたしました。
ジジちゃんの記事も1月中旬に読ませていただきながら、そこの共通点にピンとこなかった私も。。。
私がご飯を食べさせる時に頑張れ!頑張れ!と言いながら、ヒュンヒュン文句を言い悲壮な表情ながらもペロペロゴックンして3ヶ月も苦しみに耐えて、ご飯の時以外は可愛いおじいちゃんの顔を見せてくれていたモック。。。
今から思えば鬼のように毒を与え続けていたのかと、、、後半ぐらいからは1時間かけて食べさせても直後に全部吐き戻されたりもしましたが、それでも一生懸命私の期待に応えようと3ヶ月も頑張ってくれていたモック。後悔で後悔で。。。涙が止まりません。
コロたすさんにも、悲しい思い出を回想させるような事ばかりですみません。。。
自責の念は拭いきれませんが、今度残された子の時に役立てる事。それしかないですよね。。。
女の子はサラと言います。同い年の16歳半です。この子を可愛がることがモックに対する供養と償いになればと思うのですが、それで許されるのでしょうかね。。。
今現在頑張っておられるコロたすさんを見習いながら少しづつ立ち直ってゆければと思っています。


たくまゆさん

ありがとうございます
このサイトが少しでもたくまゆさんのお役に立ててよかったです

こちらも今日は雨降りです
モックちゃんは、おうちに帰ってきましたか?

モックちゃん、毒を与えられたとか、無理矢理だったとか、絶対そんな風に思っていませんよ
「ありがとう」って、思っていたはずです

時間がかかっても、吐いてしまっても、また次に食べてくれたのは
期待に応えるためだけに頑張ったんじゃなく、モックちゃんは「生きよう」って
お腹すいてるから、何か食べたいって
そう思っていたから食べていたんだと思いますよ

今は、思い出すこと後悔が多いかもしれませんが
たくまゆさんは、決して間違ったことはしていないと思います
自信持って下さいね

それでも、やはり・・・というのは、よくわかります
私自身、病気に関して無知だったことなど、いろいろな感情がわきました
ジジも、もっと早く手を打ってあげていたらと、それも思いました
状態に対する、自分の行動のタイミングについて、そこへ至るまでの考え方について
あれこれあれこれ

でも
ジジは沢山のことを私に教えてくれたんだと
このタイミングで旅立ってしまったのも、私に教えるためだったんだと
とても幸せだったという、サインを残してくれたのも、
帰ってくるまで待っていてくれたのも
娘とお話ししてくれたのも
全部全部、メッセージだったんだと
時間の流れと共に、そう思いました

そして、あれこれあれこれ、こうすれば良かったって思ってること
それは、今度、ルナや、みーちゃんや、みゃあちゃん、コロ
他の子達がそうなった時に、そうしてあげてねって
きっと教えてくれたんだなと思いました

本当にすごいね、本当にありがとうって
最期までかっこよすぎだよ、ジジ

そう思いました

モックちゃん、とても幸せだったはずです
サラちゃんにバトンタッチしたんだと思いますよ
「たくまゆさんのこと、あと、よろしくね」って

サラちゃんと楽しく過ごしていることが
モックちゃんはいちばん嬉しいはずです
虹の橋から眺めていると思いますよ

許されるもなにも、許してもらわなくちゃいけないことなんて
たくまゆさんは、何もしてないですよ
だって、たくまゆさんは、たくさんの愛情をモックちゃんにそそいだんだから

時間をかけて食べさせたのも
お水の高さを考えたり、お茶にしたり、最終的にドレッシング容器で飲ませてあげたり
ぜんぶモックちゃんのためにしたこと
モックちゃん、嬉しかったはずですよ

サラちゃん、モックちゃんが居なくなって
きっと寂しいと思います
ウチのルナがそうです

サラちゃんに、今度はモックちゃんの分まで全部そそいであげて下さいね
モックちゃんも安心すると思いますよ

帰ってきました。

真っ黒の毛だった身体が真っ白に、とても小さく硬くなってお家に昨日一緒に帰ってきました。
ずっとドライブで行っていた大好きだった公園の駐車場まで葬祭車に来ていただき、
嵐のような吹き降りの中、お空に上がって行きました。
サラも連れて行き車の中で待たせました。

ルナちゃんの寂しさは今は少しづつでも少なくなってきているんでしょうか?

コロちゃんもすごく可愛い表情をしますよね。
赤ちゃんのようなおじいちゃん。。。
お世話してもらいながらしか生きられない状態の子は皆同じような、何とも言えない、自然と手を差し伸べたくなるような可愛い愛くるしい顔になりますよね。

コロちゃんを介護し続けられる事はとても大変だけれども幸せな神様からの贈り物の時間なんですよね。。。

コロたすさんは介護やお仕事でお忙しい毎日を過ごしておられるんですね。
そんなお忙しい時間を割いて私への慰めの言葉を送って下さり本当に有難うございます。同じ事を体験されたコロたすさんの言葉はとても深く深く気持ちに入ってきます。
突然何のつながりもなくコメント欄に質問した私にここまでの思いやりを与えて下さったことも。。。コロたすさんとお近づきになれたこと全てに感謝します。

今は私自身何も判断はつきませんが、まずはコロたすさんがおっしゃるようにサラに全愛情を注ぐ事から始めてみたいと思います。。。バトンタッチですよね。。。バトンタッチ。

たくまゆさん

モックちゃん、お家に帰ってきたんですね
大好きな公園から、お空に向かったんですね
しばらくの間は、虹の橋とお家を行ったり来たりしていると思いますよ
それから、公園にも遊びに行っていそうですね

今の時間は神様からの贈り物
本当にそう思います
どこかで見ましたが、たしか、10歳くらいだったか?
その年齢を過ぎたら、それはみんな、神様からの贈り物の時間だと

たくまゆさんも、サラちゃんとの時間は神様からの贈り物の時間ですね
そして、モックちゃんからも

そして、サラちゃんとのふれ合いは、そのまま、モックちゃんまで届いているはずですよ
だって、サラちゃんはモックちゃんの分身ですものね

私は、ルナにそれを感じるときがあります
時々、顔がジジになるんですよ
今までは、そんな事なかったのに

ルナは、もともと
わがまま、甘えん坊 なんです
今は少しずつ、他の子たちの所で甘えています
もちろん、私にも
今ではかなり、自分のペースが出来てきたみたいです


私は、ジジから教えてもらったひとつに
「今、この瞬間を大事に」と言うことでした

それは、例えば

その時、どうしたらいいか?
そして、その瞬間に、後悔しないように過ごしていくこと。
時間は戻らないで、流れていきます
だから、その流れの中の、一瞬一瞬を
その時、自分が出来る限りの事をする、そんな感じです

もちろん、いろいろな現状もあり
してあげたくても出来ないことも、たくさんありますが
でも、自分が、その瞬間に、出来る範囲のことを精一杯していくこと

また全てに対して、その瞬間に自分がしたこと、すること、しようとしていること
のちのち後悔しないように、行動していくこと

ジジからも、亡くなった祖母からも、これを教えてもらいました
8年前に祖母から教えてもらったのに
またもや、ジジから教えてもらって・・・学習能力の足りない私です


サラちゃんと、新しい毎日をスタートしてくださいね
モックちゃんも、きっと、喜んで見守っていてくれると思います
そして、サラちゃんの中にいるモックちゃんにも、きっと近いうちに会えると思いますよ


私もたくまゆさんからコメントいただき
こうして、お話しできたこと
とても感謝しています
ありがとうございます

これからも、よろしくお願いしますね

うれしいです。

コロたすさんのお言葉が今の私には神様からの贈り物のような気がしています。。。

ブログの更新も読ませて頂きました。梅の花はとてもいい香りがしますよね。
先々週の日曜に大好きな公園で私がモックを抱いて、主人がサラを歩かせながらポツポツ咲きで咲き始めた梅の花に鼻を寄せたことを思い出しました。

コロたすさんのお庭はとても広くて自然に溢れていますね。
栽培されておられる木々植物からもコロたすさんの愛情深さが感じ取れるようです。。。

ジジちゃんとルナちゃんも誕生日が同じということはひょっとして同腹の兄妹ですか?(もしどこかに書いておられて私が見落としていたら申し訳ありません)

ルナちゃんの顔がジジちゃんになる。。。このエピソードは私に明るい希望の光を射しました。
サラの顔がモックの顔に。。。非常に楽しみです!
創造しただけで、嬉しくて涙が溢れてきます。
うちのも双子なのに、モックはお母さん似のぽよ~んとした童顔、
サラはお父さん似でキリッとした大人顔で全然違う顔なんです。
性格もモックは甘えん坊で可愛がられ上手。
サラは自立心があり不器用で損な一面があります。
写真など送信できたらいいんですけど。。。

おばあさまのお話も重なる部分があって、この子達の母犬を12年前に糖尿病で9歳という若さで亡くし後悔の涙を流したにもかかわらず、今回も。。。

私も自分の学習能力の乏しさに頭を打ちました。
のど元過ぎれば。。。というような言葉があてはまりそうです。

そうですね。今度こそ学習の成果を出せるようにサラの時に生かしたいと決心しました。
コロたすさんが今現在やっておられるそのままの事を
私もなぞるように見習いやっていこうと心に決めました。
サラとのこれからの時間が神様とモックからの贈り物だと心して。

2人と2匹家族から、2人と一匹家族へ新しいスタートを切っていきます。

お骨は49日まで家に置きあとは母犬が眠る合同墓地で眠らせようと思っています。。。
ジジちゃんのお骨はどうされるのですか?
またいろいろ教えてくださいね。

こちらこそ、是非とも宜しくお願いいたします。

ご多忙中に、、、と言っておきながら何度も何度も本当に申し訳ございません。
主人にもコロたすさんからのメッセージを読み聞かせました。。。
ドンピシャや。と言って泣いていました。
神様からの贈り物。。。
本当に有難うございます。

たくまゆさん

こちらこそありがとうございます

ジジとルナは同じ日に生まれた同腹の姉妹です
3月4日で16歳です
ジジは全身キジトラちゃん
ルナは喉元と足先が白いんです

ジジの方がひとまわり大きくて
性格もまったく違います

ジジは高貴な貴婦人??
おとなしくて、キチッと座って、いつもカッコ良く
そんな子でした

ルナは、オチョビな、ガキ??という感じで
子どものまま、お婆ちゃんになっている??ような子です

顔も似てるけど、やっぱり表情が違うんですが
ジジが旅立ってから何回か

あれ?? ジジ???と見間違ったことがあり
こちらを覗き込む顔が、ジジになってたこともあり
ビックリでした


ジジ、誕生日にあたる3月4日が49日で
お骨になった時にいただいた、火葬証明をみたときビックリでした

も~ ジジ、最後までキッチリだなって
新月前日に旅立って、新月の日にお骨になって戻って来て
49日が誕生日
生まれて16年ピッタリの日に、空の世界へ帰って行くなんて

今はまだ、自宅にジジはいます
49日を過ぎて、時間の出来たときに、合同慰霊碑へ入れていただこうかなと
そう思っています
たくさんのお友達がいて、きっと楽しいでしょうから


サラちゃんとの新しい生活、幸せで穏やかな時間となりますように

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。