プロフィール

コロたす

Author:コロたす
2009年9月
重度の慢性腎不全と診断されたコロ、1年と2ヶ月の闘病&介護生活でしたが、2010年11月5日22時 虹の橋へとお引っ越ししました。

ハイシニアの4匹のにゃんず
ジジ、みゃあ、ルナ、みんみん
みんな虹の橋へと引っ越していきました。
今はみんなで再び一緒に
光の世界で過ごしてることでしょう。


新たな仲間のマサムネは
我が家に来てもう3年が経ちました。
元気いっぱい
だけど課題は体重管理と歯の管理
体重多すぎて、ぎっくり腰に…
今はダイエット!!一筋です?



コロ  1993年3月11日生 ♂
     2010年11月5日虹の橋へ

みゃぁ 1993年3月11日生 ♂
     2013年2月9日虹の橋へ

ジジ  1994年3月4日生 ♀
     2010年1月14日虹の橋へ

ルナ  1994年3月4日生 ♀
     2013年11月21日虹の橋へ

ミンミン 1995年1月14日生 ♀
     2014年5月29日虹の橋へ

マサムネ 2009年3月11日生 ♂
        4歳

コロたす 19◎3年8月9日生
       


♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪



マサムネの誕生日
我が家に来た日と思いましたが
手続きの関係上
3月11日に…これもきっと
何かの縁!ですね


♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪

最新記事

最新コメント

はいけい、にんげんの皆さま。

いつでも里親募集中

いつでも里親募集中

カテゴリ

fb-photo

いつもありがとうございます

お出かけ前にポチッとお願いします

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジジの旅立ち

ついさっき、1月14日午前1時過ぎ
ジジが旅立ちました

私の帰りを待ってくれていて

そして、娘と電話でおはなしして

その直後に、旅立ちました


今朝までは調子良かったのに・・・
あまりの急変で現実感がありません

でも、これでもう、ジジは辛くないんだなと思うと

ジジの性格を考えると

オムツの姿もイヤだろうし
シリンジの食事も辛いだろうし
毛繕いできなくて乱れた姿もイヤだろうし


旅立ちは、ルナもみゃあちゃんもわかってたみたいで
コロももしかしてわかってたみたいで

ルナとみゃあちゃんは
ずっとジジのところで、ジジの姿を見ていました

旅立つ少し前、足を舐めてくれていました


旅立った後、いつものソファに行った
ルナとみゃぁちゃん


ジジは今、生きて眠っているような穏やかな顔で
みんなの隣で、眠っています


ホントはただ、眠っているだけじゃないかって
そう感じてしまう姿です
明日の朝になったら、元気に起きてくるんじないかって


こんな急変するなんて・・・


あと2ヶ月で16歳だったジジ
16年間、本当にありがとう

コメント

コロたすさん

ジジちゃんの急な旅立ちを見送られて
今どんなお気持ちでしょう。
それを考えると、どんな言葉をおかけしていいか
わかりません。

コロたすさんのお帰りを、ちゃんと待っていてくれて
本当に親孝行なジジちゃん。
きっと16年間分の、たくさんのありがとうを
言ってから、旅立ちたかったんだと思います。

せっかくプリンも食べて頑張っていたのに
コロたすさんの一生懸命のお世話で
少しずつ良くなっていたのに。

でも、もしかしたらジジちゃんは「もう十分ですよ」って
「今のまま逝かせてください」って
感じていたのかもしれません。

そして、大好きなコロたすさんや、仲間の猫さんたちや
コロちゃんに見守られて旅立つことができたのは
ジジちゃんにとっては、すごく幸せなことだったのだと思うのです。

コロたすさん、どうぞくれぐれもお体にお気をつけて
お過ごしくださいね。
ジジちゃんはそれを一番望んでいるはずです。

ジジちゃん、本当にお疲れ様でした。
ゆっくりお休みください。

ジジちゃん、最期まで頑張りましたね。
コロたすさんの帰りを待ち、娘さんとお話するまで頑張ってたんですね。
みんなのたくさんの愛情に包まれて幸せだったことでしょう。
ジジちゃん、おつかれさま。ありがとう。

ジジちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
コロたすさん、さぞお辛いことでしょう。
どうぞご自愛なさってください。

いつも読ませていただいてました。コメントするのがつらく、先月我が家の高齢猫を(15歳6カ月)見送りました。やはりジジちゃんと同じで食べなくなりました。
この子は3年前に獣医さんから印籠を渡されて子です。
ジジちゃん、頑張れ、頑張れって思ってましたけど、頑張ってる子に頑張れも書けなく、ころタスさんの気持ちを考えると胸が熱くなり、
寂しく、つらいと思います。
ジジちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。(合掌)

ジジちゃんの御冥福を心よりお祈り申し上げます。
気高いジジちゃん、お疲れさまでした。
これからはコロさんはじめ、皆さんを見守ってくださいね。
コロたすさん、お辛いとおもいますが、
踏ん張って、引き続きコロさんを初め残された
ニャンコさんのお世話をお願いします。

コロたすさん…今日札幌は雲ひとつない青空です。 それは心が洗われるような空です。
ジジちゃんが、お母さんうんと幸せな一生だったよぉありがとう…と言ってるみたいだなぁと、空を見上げて思っています。ジジちゃん16年間ありがとう。
コロたすさん…家族みんなで寄り添って、心穏やかに癒される日がきますようお祈りしています。無理しないでください。

コロたすさん。
少しは落ち着かれたでしょうか?
お気持ちを考えるとおかけする言葉が見つかりません。
どうぞお心が癒されますように…
ジジちゃん、安らかに…

emihanaさん

ありがとうございます

だんだん心も落ち着いてきました


> でも、もしかしたらジジちゃんは「もう十分ですよ」って
> 「今のまま逝かせてください」って
> 感じていたのかもしれません。

私もそう感じています
最期にプリンをあげている時の眼が
そういっていたように感じました

飲ませた直後に、プリンはもどしてしまったので
無理して飲んでくれたのかな?とも思いました

あれこれ考えると止まらなくなりますが
他の子たちにしてあげる事をジジが教えてくれた気がしています

ツバサの兄貴さん

ありがとうございます

本当は夕方に限界を感じていたのかもしれません
でも、それに気付かず

だけど、深夜
私が帰るまで待っててくれたんだなと思うと
本当にごめんね
そして、本当にありがとうと思っています

nekosannさん

ありがとうございます
nekosannさんのニャンコさん旅立たれたばかりだったんですね

食べれない姿を見るのは本当に辛かったです
お水を飲みたくて、お水の器を眺め続けている姿も見ていられないくらいでした

ジジは頑張ってるので、私もジジには「頑張れ」って言えませんでした

「大丈夫だよ」
「いいよいいよ、気にしなくて」
「ごめんごめん」
それだけでした

最期はもう
「無理しなくてイイからね」
「ありがとう」
「大丈夫だよ、ジジ」
それだけでした

今ごろ、nekosannさんのニャンコさんと遊んでいるかもしれませんね

松の実さん

ありがとうございます
最期まで綺麗でいたかった気高いジジでした

今日はリビングに帰ってきました
ジジに似合うピンクのお花を添えさせてもらいました

ジジは薔薇の園が似合うと思うのですが、今日はそこまで揃えられず
明日、明後日、少しずつ、揃えてあげたいと思います

juncoさん

ありがとうございます
こちらも、朝からぬけるような青空でした
心があらわれるような、私もそう感じていました
とても気持ちの良い清々しい空気の朝でした

旅立つ空も、ジジらしいなと・・・
今は3にゃんず、ひとり欠けたけど、少しずつ慣れてきたようです

millecoさん

ありがとうございます
だいぶ落ち着いてきました

フードもお心遣いくださって、本当にありがとうございました
ジジも嬉しかったと思います
今日は新月、お空で新しい生活を始めているかなと、思っています

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。