プロフィール

コロたす

Author:コロたす
2009年9月
重度の慢性腎不全と診断されたコロ、1年と2ヶ月の闘病&介護生活でしたが、2010年11月5日22時 虹の橋へとお引っ越ししました。

ハイシニアの4匹のにゃんず
ジジ、みゃあ、ルナ、みんみん
みんな虹の橋へと引っ越していきました。
今はみんなで再び一緒に
光の世界で過ごしてることでしょう。


新たな仲間のマサムネは
我が家に来てもう3年が経ちました。
元気いっぱい
だけど課題は体重管理と歯の管理
体重多すぎて、ぎっくり腰に…
今はダイエット!!一筋です?



コロ  1993年3月11日生 ♂
     2010年11月5日虹の橋へ

みゃぁ 1993年3月11日生 ♂
     2013年2月9日虹の橋へ

ジジ  1994年3月4日生 ♀
     2010年1月14日虹の橋へ

ルナ  1994年3月4日生 ♀
     2013年11月21日虹の橋へ

ミンミン 1995年1月14日生 ♀
     2014年5月29日虹の橋へ

マサムネ 2009年3月11日生 ♂
        4歳

コロたす 19◎3年8月9日生
       


♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪



マサムネの誕生日
我が家に来た日と思いましたが
手続きの関係上
3月11日に…これもきっと
何かの縁!ですね


♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪

最新記事

最新コメント

はいけい、にんげんの皆さま。

いつでも里親募集中

いつでも里親募集中

カテゴリ

fb-photo

いつもありがとうございます

お出かけ前にポチッとお願いします

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

600g減

8日分処方された薬もなくなり、今日は通院日

診察室に入るとまずは体重
マナーベルトをして介助着を来てオムツカバーまでつけて
6.3kg

とほほ。。。
先週と600gも減ってしまいました

食べてないから仕方ないかな・・・


眼震はほぼ治まっています
ただ、興奮したり、動きすぎると少し振れるので
毎日1錠 あと8日続けることになりました


点滴も1日400mlを2回のペースになりそうです

点滴を打つ場所は毛を剃ってあるんですが
そこを摘むと、身体に補液が残っていても弛んで戻らないんです

老犬なので、年齢的にも弛んでくることもあり
そこが弛んだから、イコール脱水と考えなくてもイイとのことでした
でも、一応の目安に

あとは、補液を入れて吸収したものが、どれだけ身体に反映されているか?
だそうです



昨日は寄りかかり立ち
その後、歩きたくて歩きたくて

オムツカバーで支えてもらって何度も歩きました
初めのうちは介助ベストで上半身とオムツカバーを使って後ろ足
両方の支えが必要でしたが、だんだん、腰を支えるくらいで歩ける感じになってきました

もちろん、思い切り前に崩れこむこともありますが


寝転んでいるときも、歩きたいみたいで
上半身だけ起こして後ろ足をトコトコ
夢の中で歩いているときみたいに交互に動かしています


眠っていても数時間おきに寝返りしたくなるようで
上半身を起き上がらせ何とか向きを変えようとしたりもします

手伝わないと、とんでもない格好になってしまうので目が離せません
昨日もお店で「どうなってるの?」というような格好になってしまいました
こんな時は猫より身体が柔らかいみたいです
焦りました。。


玄関のコルクマットでお散歩気分
連れて行くと少し満足するみたいです

コルクマットでも滑ってしまうようになりました

サークル内のお布団の上の方が軽く沈み込んで歩きやすいようです


昨日は上半身もしっかり支えないと歩けませんでしたが
今日は腰を支えれば歩けるようになりました


フードを食べてくれるようになれば・・・
もっとチカラが出て、歩けるようになる気がします


食べてね~~ コロちゃん

コメント

No title

コロさんの日記を読むと、あきらめずに頑張ろうという気持ちになります。
先生を信じて「そんなに簡単には逝かない」と信じて、コロさんのように
ゆっくりじっくり体調を元に戻して行きたいです。

茶々の足の筋肉も弱っているのですぐに足が開いてしまいます。
動物病院の待合室の床がもの凄く良くって、茶々もすいすい歩けるくらいでした。
あの床がほしい~なんて、思いましたよ。

No title

コロちゃんの様子を見ていると
ホントに希望が出てきますね。
何よりコロちゃん自身の生命力が一番大きいようですね。
松の実さんも、きっと心強く感じられることでしょう。

体重の減少は、これから少しずつ取り戻していきましょう。

明日も、今日より良くなってね、コロちゃん!

No title

コロちゃん歩けるようになってきたんですね。
しっかり水分と食事、栄養をとって体重を戻したいですね。
そしたら、チカラ出て歩けますよ。

No title

こんにちは。少しずつ歩けるようになってよかったですね。
皮膚の状態はワンコによって違うのですね。
未来の先生は、毎回皮膚をつまんで「3秒の法則」とか言いながら、
つまんで、引っ張って、戻すを繰り返しています。
もちろん脱水かどうか、それだけで分かるわけではありませんが
私も家で真似してます。(^^)
輸液が毛細血管から順調に吸収されなくて、皮下点滴を休んだことも今までありました。
そのときは1回休むだけで大丈夫でしたが、今も心配で毎日触っています。
コロちゃん、少しずつフードを食べられるようになるといいね。

松の実さん

ありがとうございます
茶々さん、頑張ろうねっ!!

何も食べない4日間、無意識に中を漕ぐ手足、どこか他の次元を見つめる目、チカラの入らない身体・・・
今回ばかりは私も「コロも諦めちゃったのかな」と思いました
色々な事を思い出しました

でも、流動食を飲み始めて目ヂカラが戻って来たとき、私が挫けてちゃいけないなって思いました。

茶々さん、食べるのに疲れちゃったのかな?
コロも食べた後は横になってグッタリします
息もゼェゼェなったり
食べるだけで体力を使っちゃうみたいです

大丈夫、1日ごとに少しずつ元気になってくれますよ
スイスイ歩けるんだもの
ゆっくり回復して穏やかに過ごせますように、茶々さん

病院の床ってホントにイイですよね
倒れる前、コロもうまく歩けていましたよ

emihanaさん

ありがとうございます

ひたむきな生命力というか、今を生きる姿に励まされる私です
あとは・・・食べてくれれば・・・

食べるより歩きたいみたいなコロです

ツバサの兄貴さん

ありがとうございます
お水はだいぶ上手に飲めるようになってきました
後は。。。食べ物です
腎臓食でなくても、少しでもと、さっきシーザー缶を買ってみました
食べるかなぁ・・・

みゅうさん

ありがとうございます

脱水、摘んで戻らないのは確かに脱水だそうです
でも、コロの場合は点滴を打つ場所の戻り方だけで脱水言い切れないとのことでした
本当に脱水してくると、とにかく水を飲みたがるようになると言われました

輸液の吸収はスゴイ早さです、身体が欲してるのかなと思います
ただ、吸収したものが、どれだけ本当に身体に作用してるか?
そのまま通過してしまっているだけか?この見極めはできないそうです。

フード、何でもイイから食べてほしいな~
お願いっ!! パクッってして~ って感じです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。